« ソーダストリーム | トップページ | 子どもへの本の読ませ方・続 »

2013/02/07

子どもへの本の読ませ方

何事においても一番の基礎だと言われる読書。

私は子供の頃両親に本を読む習慣はつけてもらう事が出来ないまま

中学生の頃には毎月日本文学全集の中の一冊が届くという

強制的な読ませられ方をしていたので

読書は苦痛なものでした。

大人になってから自分の好きな分野は読むようになりましたが

「子供達には自らすすんで本を読んでもらいたい」

そんな思いから実行してきたことがあります。

まず一つは。。。。。

①本屋さんでは好きな本、ドリルなどは好きなだけ買ってあげること。

*おもちゃは誕生日とクリスマスの年二回しか買いません。

 とは言っても「おばあちゃん」や「叔父(私の弟)」や「私達から」と

最低3つはもらえますので

 サンタも入れたらcoldsweats01年に7個は好きなおもちゃをリクエストできるということです。

*おもちゃをもらえる機会は年二回だけど、その代わりに本屋へは毎月行きましたbook

 その際は読ませたい本は私が一冊選びますがそれ以外は子供達に選ばせました。

 アニメのようなものや「幼稚園」のような雑誌のものでも何でもいいのです。

 「自分で選んで買ってもらえる」という、

本屋へ行く事が楽しいと思ってもらえるのが目的でしたから。

*幼稚園年少から本屋で選ばせるようにしましたので

小学校上がるまでに100冊程度購入しました。

 (ひまわりが選んだものとして100冊)

 それでも読まない日があったり読んでも一冊だったり、

決して本好きな様子ではありませんでしたよ。

②必要以上にテレビはつけない

*テレビは見せない、ではなく付けるのは親、

どんな番組がやっているのか教えてしまうのも親ですね。

4~5歳児には「何が何時からどこでやっているのか」分かる筈なく見せてるのは母親。

私も幼稚園児の頃は朝と夕、毎日「おかあさんといっしょ」を見せていました。

その間に家事を済ませたいし、大人しくしていて欲しい時もあるから。

あとは「プリキュア」、それ以外は見せませんでした。

子供がテレビを観ている時、手が止まる、ぼう~っとする、話しかけても聞こえない

こんな状態になる事が多く、事が進まないのです。

また、寝る前に見ると脳が興奮状態になるので寝つきが悪くなったりする事もありますね。

それでも「私は観たい」coldsweats01ので録画して後で観たり、観せない事が出来た一番の存在は

ポータブルTVです。(←その時の記事)

親も一緒に観ないのはストレスになるので、

子供達が寝てから観たりキッチンで料理をしながら

ミニテレビを活用するのはとってもいい方法だと思いますwink

その際、キッチンで見ているテレビの画面は観ていませんが

子供達に音はかすかに聞こえています(笑)

のでCMなど音だけでも覚えてしまうんですねcoldsweats02

元々テレビ大好きっこの私ですから、

ポータブルTVなしでは「リビングのテレビを付けない」ことは

実行不可能だったかもしれませんsweat02

ひまわりが小学校に上がった時にそらも同時に教育テレビを卒業し、

 今は日曜日の「アニメ」6時~9時の仮面ライダーやプリキュアのみで

ひまわりは平日は観ません。

そらは見せたことのない「ウルトラマン」の存在を幼稚園で知り

「見たい」というので録画して

週に二回だけ一時間見せています。

★ひまわりが小学校に上がってからは本の収納にも困ってきたので

図書館にも連れていくようにして

 買う回数を減らすようにしました。

 図書館でも私が読ませたいものも借りますが、子供達が選ぶものは自由。

 一か月で20冊ほど借ります。

 借りてきた本はこうして移動可能なボックスに入れてリビングに置いておきます。

Cimg5005_2

 子供が自ら本棚から本を出して読む、

というのはよほどの本好きな子供でなければ難しいと思います。

わが子も「読んだら?」と声をかけないと読まないことの方が多かったですから。

そんなわけで自宅の本や借りてきた本は今でもこうして目につくところに置いておきます。

子供達が子供部屋へ移動すればこのボックスごとそうっと子供部屋に移動(笑)

子供って目につくものに興味を示すと思うのです。

奥に仕舞っておいたおもちゃなど忘れている事も多く、

たまに出してやると遊んだりもしますよね。

だから本は目につくところに置き、見える⇒手に取ってみる⇒読んでみる 

となると思うのです。

ダイニングテーブルの上にも重ねておいて置くこともあります(笑)

こうして最近ようやくです。

自分からどんどん読んでくれるようになりました。

Cimg5006

選ぶものは何でもいいと思いますconfident

先日はナウシカやちびまるこちゃんやドラえもんも借りてきました。

そらは本屋でヒーローものの雑誌(仮面ライダーなどの)ばかりを買って

ボロボロになるまで熟読していることがありました。

その雑誌に書いてある分からない文章や漢字を毎日聞いてきて、

それで随分覚えたように思います。

今では漢字入りの本を読むようになりました。

======  続 ======

|

« ソーダストリーム | トップページ | 子どもへの本の読ませ方・続 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/499917/49241149

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもへの本の読ませ方:

« ソーダストリーム | トップページ | 子どもへの本の読ませ方・続 »