« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013/04/21

お部屋のアンチエイジング・荷物置き場?

都内在住のAさん宅の第4回目は「荷物置き場」と化していた1階の広いお部屋です。

Cimg84261階に広いお部屋が二部屋もある素敵なお宅ですlovely

お片付けしながら私まで夢広がりますshine

ここは納戸のような荷物置き場になっていて片付けられれば「姫部屋」にしたい!

ということなので頑張りましょ~

片づける時のポイントのおさらいです!

こういう部屋でも端からやらず必ず中央にどっこいしょ~っと持ってきて

山にしてから仕分けします。

仕分けは「いらないもの」「いるものの部屋別」

注:ここで細かく仕分けしません。

その物が行くべき部屋別に分けます。

「子供部屋」「リビング」「パパの部屋」「ママの部屋」のようにです

Cimg8862
入らないものはゴミ袋行き、いるものは行くべき部屋に移動しました。

タンスはもうひとつの和室のお部屋へ移動

Cimg8427部屋に入って右側は。。。

Cimg8859反対側は

Cimg8428

Cimg8860

子供部屋や他のお部屋を片付けた後にも、

ここからまた新たに子供用品などがたくさん出てきました。

「子供のものは]⇒「子供部屋」

「パパのものは」⇒「パパの部屋」

「ママのものは」⇒「ママの部屋」(または場所・スペース)

のように移動しました。

想像通り、どさっと各部屋に移動した山のものは、

その部屋でまた各スペースへ片づけます。

各部屋に散らばっていたその人のものの全てが一か所に集まりました。

かなりの量があったことが把握できますし、

その部屋で収納することが決まっているので迷うこともなくなります。

そしてその部屋(スペース)に入らないはみ出たものは処分する、

という方向にしていくことでものが増えるのを防ぐ事ができますね(o^-^o)

お片付けが苦手な方でも目安が確実にわかる片付け法です。

持ち主の部屋・スペースに全て集める

中にしまう

入らない

多いことが分かる

処分

となるわけですね( ^ω^ )

では、また次回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/17

お部屋のアンチエイジング・キッチン編

都内在住Aさんのお宅のお片付け、3回目はキッチンです。

Cimg8507_2収納は十分ありますが、物のお部屋が決まっていないものたちをどこへしまったらいいか分からず

「とりあえず置いておこう」となってしまうのが大きな原因かと思います(。・ω・)ノ

また、やはり不要なものが場所を取ってしまっているのでしょう。

ポイントはやはり、「物のお部屋を決めてしまう」です。

毎回同じように棚の中のもの全て出しにしてから、いるものといらないものに仕分けします。

Cimg8665開かずの間状態だったコンロの前もすっきりしましたshine

ポイントは「ほとんどのものを中にしまう」です。

どうしても、というもの以外は棚や引き出しの中にしまうのが最初の基本です。

外に出し飾る、見せる、は

中に収納し外に出さない習慣がしっかりついてからの第二段階目です。

それが出来る前に飾る、見せる、をやってしまうと、

散らかっているのと飾るの境界線が分からなくなるからです。

Cimg8515色んなものがミックスされていたシンク下の収納は

お鍋やボウル、大き目の調理道具のお部屋に

Cimg8662

そしてもう一か所の開かずの間だったこちらの棚の前も

Cimg8509

全てそれぞれのお部屋へ移動して、扉が開くようになりました!scissors

お部屋の決め方のポイントは「カテゴリー別に分ける」です

Cimg8669_2「カテゴリー別」とは

「乾物」「お菓子」「調味料」「保存容器」「お弁当用品」「お菓子用品」のようにです。

あちこちに散らばっていると総量を把握できなくてあるのに買ってしまったり

買って来たら「あった!」ということでまた増えてしまうのですね( ^ω^ )

まとめてあることで見ただけで量が分かり無駄な買い物もしなくて済みますね。

こちらの上段の棚の中は。。。。

Cimg8657_2
前回のお片付けで空いた空ボックスを再利用しカテゴリー別に収納しました。

隙間もできましたwink

Cimg8660_4基本的に家にあるボックスやかごなどを収納に使わせていただいています。

お片付けしていくうちにどんどん空いていくので、それをどこか丁度良いところに

再利用しますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »