« お部屋のアンチエイジング・子供部屋 | トップページ | お部屋のアンチエイジング・荷物置き場? »

2013/04/17

お部屋のアンチエイジング・キッチン編

都内在住Aさんのお宅のお片付け、3回目はキッチンです。

Cimg8507_2収納は十分ありますが、物のお部屋が決まっていないものたちをどこへしまったらいいか分からず

「とりあえず置いておこう」となってしまうのが大きな原因かと思います(。・ω・)ノ

また、やはり不要なものが場所を取ってしまっているのでしょう。

ポイントはやはり、「物のお部屋を決めてしまう」です。

毎回同じように棚の中のもの全て出しにしてから、いるものといらないものに仕分けします。

Cimg8665開かずの間状態だったコンロの前もすっきりしました

ポイントは「ほとんどのものを中にしまう」です。

どうしても、というもの以外は棚や引き出しの中にしまうのが最初の基本です。

外に出し飾る、見せる、は

中に収納し外に出さない習慣がしっかりついてからの第二段階目です。

それが出来る前に飾る、見せる、をやってしまうと、

散らかっているのと飾るの境界線が分からなくなるからです。

Cimg8515色んなものがミックスされていたシンク下の収納は

お鍋やボウル、大き目の調理道具のお部屋に

Cimg8662

そしてもう一か所の開かずの間だったこちらの棚の前も

Cimg8509

全てそれぞれのお部屋へ移動して、扉が開くようになりました!

お部屋の決め方のポイントは「カテゴリー別に分ける」です

Cimg8669_2「カテゴリー別」とは

「乾物」「お菓子」「調味料」「保存容器」「お弁当用品」「お菓子用品」のようにです。

あちこちに散らばっていると総量を把握できなくてあるのに買ってしまったり

買って来たら「あった!」ということでまた増えてしまうのですね( ^ω^ )

まとめてあることで見ただけで量が分かり無駄な買い物もしなくて済みますね。

こちらの上段の棚の中は。。。。

Cimg8657_2
前回のお片付けで空いた空ボックスを再利用しカテゴリー別に収納しました。

隙間もできました

Cimg8660_4基本的に家にあるボックスやかごなどを収納に使わせていただいています。

お片付けしていくうちにどんどん空いていくので、それをどこか丁度良いところに

再利用しますよ。

|

« お部屋のアンチエイジング・子供部屋 | トップページ | お部屋のアンチエイジング・荷物置き場? »

リフォーム・部屋の片づけ方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お部屋のアンチエイジング・キッチン編:

« お部屋のアンチエイジング・子供部屋 | トップページ | お部屋のアンチエイジング・荷物置き場? »